二番茶の始まりです。

一番茶が終わり、ほっとしたのも束の間、もう二番茶の始まりです。
蛍が飛び交い、紫陽花の花が彩りを増し、店先の梅の古木の実も漬け頃・・・。
季節だけはしっかりと訪れてくれます。〈2012.6.4〉
山薊 いちりんの 風が出た    山頭火
2012-06-05 | Posted in お知らせ, 伝言板, 店舗便りNo Comments » 

関連記事