ゴッホが作品を遺した嬉野茶の茶箱の蓋

 

2012ゴッホ.jpgのサムネール画像kakudukejissekiteisei (2).jpg

明治20年(1887)「起立工商会社」パリ支店に出入りしていた無名のゴッホは、墨で書かれた社名入りの茶箱の蓋を入手、それをキャンパスとして一枚の作品を描いています。(田川永吉著「政商松尾儀助伝」より)アムステルダム、ファン・ゴッホ美術館蔵のその作品が何とハウステンボスにやってきました。10月28日まで開催中の「幻のゴッホ展」に展示されていますので是非ご覧頂きたいと思います。ゴッホと嬉野茶・・なんだか嬉し~の~って感じですね。(2012.8.30)

2012-08-30 | Posted in お知らせ, 店舗便りNo Comments » 

関連記事