茶輸出し外貨稼ぐべき

「佐賀藩出身で明治政府の初代司法卿だった、江藤新平の政策提言書など直筆の文書約30点が見つかった。~提言書では、~海外で需要が見込める茶を輸出して外貨を稼ぐべきだと主張し、農民が意欲的に茶を生産するための措置が必要だとしている。」 江藤新平没後、お茶は生糸とともに日本の重要な輸出品となり明治23年(1890年)には日本茶の生産量26000t中85%に当たる22000tが輸出されたとのことです。お茶の歴史に佐賀県人が関わってきた事実がまたひとつ明らかになりました。

2004-04-13 | Posted in お知らせNo Comments » 

関連記事