空梅雨ですが・・。

梅雨入りはとっくにした筈ですが全く雨が降りません。今日の嬉野の気温は31℃、雨を欲しがりながらも紫陽花が健気に咲いています。お店に一歩足を踏み入れるや目に飛び込んでくる窓外の紫陽花の花、お客様から「すご~い!!」「きれ~い!!」と仰って頂いています。


2017年06月16日
ライン

最近の新しい投稿

  • 海外のバイヤ-の皆様にうれしの茶をアピ-ル!!

    春先の寒で生育が遅れた今年の新茶でしたが、その分じっくりと時間を掛けて美味しい新茶が出来上がり、ひと安心。

    今年の新茶時期に目立ったことのひとつは何と言っても海外からのお客様が多かったことです。

    アジア、アメリカ、カナダ、ヨーロッパ、・・等々。それぞれのお国で茶販売店を営むオ-ナ-の皆さん方です。

    外国の方が認める日本茶の魅力!!  翻って国内需要ももっともっと伸びる筈だと確信しました。


    2017年06月10日
  • 新茶初入札会

    平成29年度の新茶初入札会が行われました。

    3月4月となかなか気温が上がらなかったため、今年は例年よりも1週間ほど遅れが出ておりますが、

    いよいよ新茶シーズンの到来です。今年は霜などの害もなく美味しいお茶ができそうです。

    これから選りすぐって仕入れた茶葉を丁寧に仕上げて皆様の元へお届けします。


    2017年04月22日
  • 「茶祖 新兵衛さんまつり」

    うれしの茶の茶祖、吉村新兵衛翁への感謝と新茶の豊饒を祈る「新兵衛さんまつり」が吉村新兵衛翁顕彰碑の前で執り行われました。

    昨今の天候不順、春先の寒で新芽の生育が遅れている気配ですが、じっくりと土の中で旨みを溜込み、力強く生育してくれるものと期待しています。

    今月末より皆様のお手元に美味しい新茶をお届け致しますので、今年度もご愛飲頂きますよう宜しくお願い申し上げます。


    2017年04月14日
ライン

九州西北部の霧深い温泉地・嬉野の山里を抜け渡る澄んだ空気と豊かな大地、
これらに育まれた風味豊かなうれしの茶。
当製茶工場では自然の味わいと健康への気配りを大切に、
伝統の製茶技術を生かし より美味しいうれしの茶づくりに励んでおります。
丹精込めて仕上げました〈茶荘徳永のうれしの茶〉をお楽しみ下さい。