WELCOME

高品質な嬉野茶(うれしの茶)を茶産地佐賀県嬉野から日本国内、海外へ直接お届け致します。
(株)徳永製茶『茶荘 徳永』の製茶工場では、自然の味わいと健康への気配りを大切においしい嬉野茶づくりに励んでいます。

 

 

 

嬉野茶の概要

嬉野茶(うれしの茶)は丸みを帯びた葉の形が特徴的なお茶です。そのため、「玉緑茶」と呼ばれ全国的に見て大変珍しい種類のお茶です。また、「ぐり茶」とも呼ばれています。

嬉野茶には現代的な製法の「蒸し製玉緑茶」、伝統製法の「釜炒り茶」の2種類があります。

くわしく

嬉野茶(うれしの茶)のはじまりは室町時代、中国(明)から嬉野に移り住んだ陶工が陶器を焼くかたわら自家用に茶の栽培を始めたのがきっかけと伝えられています。
江戸時代(1600年代中頃)に佐賀・鍋島藩士『吉村新兵衛』が嬉野茶の産業化に尽力しました。江戸時代末期には長崎の女性貿易商 『大浦 慶』によりアメリカへ大量の嬉野茶が輸出されました。

くわしく

徳永製茶は1947年の創業から七十余年、こだわりぬいた嬉野茶を皆様にお届けするべく日夜励んでおります。お茶の選定から加工一つ一つの工程まで厳しく管理された安心安全の美味しい嬉野茶をご賞味ください。

2000年頃より海外への嬉野茶の普及にも力を入れており、開拓者精神をもって日々挑戦しております。

くわしく

instagram feed

ADDRESS
〒843-0301
佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙1938
SOCIALS
CONTACTS