桜が満開!!

お店の窓いっぱいに早咲きの桜がこぼれんばかりに咲き誇っています。

色鮮やかな菜の花や蕗の薹と共にお客様をお出迎え、新茶の季節迄もうあと一月チョットです。


2017年03月09日
ライン

最近の新しい投稿

  • 嬉野茶 外国人楽しむ

    土曜の昼下がり、県国際交流プラザ(佐賀市)において開催した「嬉野茶のおいしい淹れ方講座」の様子を今朝の朝日新聞が報じています。(写真の講師は当社社長・德永和久です)佐賀県民は無論のこと、佐賀を訪れる多くの方々に嬉野茶の魅力をもっともっと知って頂き、皆さんにまた、広めて頂きたいものです。


    2017年01月29日
  • インフルエンザ予防にお茶でうがいを!

    インフルエンザの流行が危ぶまれています。

    予防には,手洗い、うがい、マスク、栄養と休養が基本ですが、「お茶でうがい」がより効果的だとか・・。

    そこで今日は皆様にオススメしようと嬉野小学校で「嬉野茶でうがい」のTVコマ-シャル録画撮りが行われました。

    出演は佐賀県茶商工業協同組合組合員の子供達、STSサガテレビでの放映は今月下旬からです。

    お茶パワ-でインフルエンザを撃墜しましょう!!


    2017年01月14日
  • 「You のわが町自慢」(佐賀新聞) 

    県内に住む外国人を特集した今朝の佐賀新聞に、茶荘徳永のお得意様、多久市在住のマイケルさんと当店の徳永ヴェラが載っています。

    実はマイケルさんは、当HP英語版立ち上げ時に大変お世話になった方で、以来十数年間何かとお引立てを頂いています。徳永ヴェラは、故国スロヴェニアの大学で日本語を学び、在学中に日本留学、縁あって嬉野の産地茶問屋・徳永製茶の跡取りの嫁に・・。嫁いで9年目の今では店頭での接客はもとより、顔の見えない電話での応対にも慣れてきました。日本茶アドバイザ-、茶育指導士として嬉野茶の魅力の発信にも努めています。 2人の娘は小学1年と保育園の年少さん、流暢な嬉野弁を娘達から学んでいます。


    2017年01月03日
ライン

九州西北部の霧深い温泉地・嬉野の山里を抜け渡る澄んだ空気と豊かな大地、
これらに育まれた風味豊かなうれしの茶。
当製茶工場では自然の味わいと健康への気配りを大切に、
伝統の製茶技術を生かし より美味しいうれしの茶づくりに励んでおります。
丹精込めて仕上げました〈茶荘徳永のうれしの茶〉をお楽しみ下さい。