緑茶の成分、ダウン症患者の認知能力向上に効果

「緑茶に含まれる成分にダウン症候群の患者の認知能力を向上させる効果が確認されたとする研究結果が7日、発表された。【AFP=時事】」そうです。
英医学専門誌「ランセット・ニューロロジー(Lancet Neurology)」に掲載された論文によると、1年間の臨床試験で患者の記憶力テストや行動テストの評価が改善し、肯定的な影響は試験終了から6か月間続いたとのこと、脳検査では、緑茶に含まれている化合物「没食子酸塩エピガロカテキン」によって、脳の神経細胞の接続方法に改変が起きたことが明らかになった。とYAHOO!ニュ-スが報じています。緑茶の潜在能力をあらためて再認識!!です。

06_05882

2016-06-07 | Posted in メディアNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment