煎茶道の祖と仰がれた佐賀の奇人 売茶翁

煎茶道の祖と仰がれた佐賀の奇人 売茶翁

高遊外売茶翁の生家の活用を進める会のメンバ-の皆様がご来店。
朽ち果てる寸前の生家を、将来的に県が進める「22世紀に残したい、佐賀県遺産」登録を目指して生家の調査研究も同時進行しておられます。
江戸中期、京都東山に通仙亭を構え煎茶を庶民に広めた風流人、出身地・佐賀に残る その足跡もしっかりと次世代へ伝えていきたいものですね。

2005-08-07 | Posted in お知らせNo Comments » 

関連記事